会長挨拶

新年度 八巻会長 yamaki.jpg 中国からアジア、そして全世界と拡大した新型コロナ感染症により、ロータリークラブも大きく影響を受けたのは、皆様、よくご存じのとおりです。当横須賀ロータリークラブも田邊会長年度、岡田会長年度と例会・活動中止を余儀なくされ、会員の皆様との例会での懇談、テーブルミーティングや夜間例会の親睦活動も大きく制限されました。
 その一方で、Zoomを併用したハイブリッド例会、地区研修・協議会のYouTubeを利用した全体会議、また、E-ラーニングでの分科会等、これからの地区等の会議・委員会開催等が大きく変化・前進した年でもあったと思います。
こうした中、1951年(昭和26年)、27名のチャーターメンバーで発足した横須賀ロータリークラブも昨年度70周年を迎えました。このような歴史と伝統のある当クラブの会長として推戴いただき、身の引き締まる思いであります。
本年度シェカール・メータIR会長テーマ「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」(Serve to Change Lives)を活動の軸として、クラブの更なる活性化を図って行きたいと存じます。
7月からの年度も先行きが不透明で例会等コロナ以前の状態に戻るのは、中々難しいとは思いますが、こうした変化を新しい潮流と捉え、ロータリー活動に上手に取り入れ、時代の変化に負けない力強いロータリークラブにして行く必要があると考えます。
各カウンセラー・理事・委員長の皆様を先頭に会員全員一丸となって明るく楽しい、そして力強い横須賀ロータリークラブを作って行きましょう。
一年間ご指導ご鞭撻ご協力をお願い申し上げます。

1.RI会長テーマ及び地区活動方針の理解と促進
2.会員増強維持
3.ロータリー奉仕デー(1万メートルプロムナード清掃)の開催
4.前年度策定された中期ビジョンの推進
5.新世代プログラムへの積極的且つ継続的な支援
6.ロータリー財団・米山奨学金寄付の推進
7.公共イメージ向上
ページの上に戻る