ロータリークラブとは
週報
卓話
例会
ホーム  >  ロータリークラブとは
ロータリークラブとは
ロータリークラブとはどの様な団体?
ひと言でいえば奉仕クラブ組織ですが、自分の職業を通じて世界の人々へ奉仕することに主眼がおかれています。
ロータリーとは「人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的水準を守ることを奨励し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した実業人および専門職業人が世界的に結び合った団体である」と定義され、またロータリークラブとは「奉仕の理想を各人の個人生活、職業生活および社会生活実践の基盤とすることに同意した、実業人や専門職業人によって構成されたクラブ」と定義されています。
何か難しそうですが、実際は会員同士の親睦を深め、自己啓発を進めながら、自分の職業を生かして世界や地域に奉仕していくことを目指しています。
ロータリーの発祥と現在の規模
シカゴという大都会の中で孤独と疎外感に悩むポール・ハリスという青年弁護士が、 1905年2月23日、3人の仲間とともに「実業人が友愛の気持ちをもって親しみ合い、 仕事のうえでの知り合いの輪を広げていくために定期的に集まる会をつくる」というアイ ディアからロータリーが生まれました。
現在では全世界の201の国と地域に34,558のクラブがあり、全世界に1,220,115人(2014年10月)のロータリアンがおります。
日本では全国で2,280のクラブがあり、87,462人(2015年6月)のロータリアンが活動しています。

●ロータリーの創始者 ポールハリス
*1868年(明治元年)4月19日 米国ウイスコンシン州、ラシーヌに生る
*1947年(昭和22年)1月27日 シカゴに没す 享年78才

●日本ロータリーの創始者 米山 梅吉
*1868年(明治元年)2月 4日 江戸(東京)芝田村町に生る
*1946年(昭和21年)4月28日 静岡、長泉村に没す 享年78才
ロータリーではどのような活動しているのか
次の5つの奉仕活動が中心となって活動されています。

クラブ奉仕(Club Service)
ロータリーの第一奉仕部門。クラブの機能を充実させるために、ロータリアンが取るあらゆる必要な行動にかかわるものです。
出席、職業分類、クラブ会報、親睦活動、雑誌、会員選考、会員増強、プログラム、広報、ロータリー情報などがあります。 例会に始まるロータリーの会合への出席奨励、会員の職業分類の整備、クラブ会報刊行、親睦事業や例会のプログラム設定、ロータリーの雑誌についての案内、会員増強、ロータリーを一般に広報すること、ロータリー情報の指導者として、など、クラブの運営にかかわるものを指します。

職業奉仕(Vocational Service)
ロータリーの第二奉仕部門。ロータリアンが職業の尊さと価値をクラブのほかの会員に示す機会であるとともに、キャリア計画、職業研修、職場での高い道徳的水準の推進といったプロジェクトを実施するというクラブの責任でもあります。
職業奉仕は、クラブと会員両方の責務です。 具体的には、各会員の職業を生かし、青少年に対し職業指導(Vocational Guidance)として就職相談を行ったりしています。特に日本では、職業倫理についての関心が高く、「職業奉仕こそがロータリーのロータリーたるゆえんである」と言われています。

社会奉仕(Community Service)
ロータリーの第三奉仕部門。地域社会の人々の生活の質を高めるために、ロータリアンが行うさまざまな活動のことです。これには、ロータリーをより良い生活への希望の源とみなす青少年、高齢者、体の不自由な人々への支援などがしばしば含まれます。
社会奉仕は、地元社会のニーズに応えるものですから、それぞれ地域のニーズによって、当然活動が違ってきます。青少年のためにサッカー教室や野球教室を開催したり、植樹、図書館に本を寄贈する、老人ホームや児童養護施設の訪問、その他さまざまな活動があります。

国際奉仕(International Service)
ロータリーの第四奉仕部門。ロータリアンが国際理解、親善、平和を推進するために実施する数多くのプログラムや活動を包含するものです。多くの国際奉仕プロジェクトは、発展途上国の人道的ニーズを満たすことを目的とし、また、異なる国や文化の人々に対する認識を培うことを促します。
この奉仕が目指していることは、ロータリーの目的のひとつである「奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること」にあります。

青少年奉仕(Youth Service)
ロータリーの第五奉仕部門。指導力養成活動、社会奉仕プロジェクトおよび国際奉仕プロジェクトへの参加、世界平和と異文化の 理解を深め育む交換プログラムを通じて、青少年ならびに若者によって、好ましい変化が もたらされることを認識するものであります。
 
例会と卓話
ロータリークラブは通常毎週1回例会を開催します。
その例会では、クラブとしての活動報告や連絡事項の伝達などがありますが、その後半に「卓話」という会員や有識者による30分間の講演があります。この卓話はロータリークラブの最大の特徴ですが、貴重な自己研鑽の材料となります。
この他にも親睦を深めるための家族会や同好会活動があります。


ホーム  >  ロータリークラブとは
ページの上に戻る