卓話
週報
卓話
例会
ホーム  >   卓話   >   <新会員卓話1>「 健康管理とウォーキング 」
卓話

<新会員卓話1>「 健康管理とウォーキング 」

<新会員卓話1>「 健康管理とウォーキング 」
                                            瀬 戸 映 男 会員
3089.jpg私にとって「ウォーキング」とは、単なる運動の一種だけではなく、気分転換をする大事なものであります。「ウォーキング」の利点、良いところは、始める際のハードルが極めて低いことです。「いつでも、どこでも、行うことができる」無精者の私でもでき、だから長続きできます。
毎週、土曜日、日曜日の朝の6、7時ころから1~2時間程度ウォーキングをします。コースは、いくつかありますが、その日の体調、天気、気分によりきついコース、楽なコースなどウォーキングをしながら決めています。
最初は勢い込んできついコースに進むも、気持ちがなえるとすぐさま楽なコースに変更することも多いにあります。
スタートは自宅近くの三笠公園からですが、朝早くだと、まだ三笠公園が閉まっているので、公園入口の門から、横須賀学院、歯科大を通り米軍の三笠ゲート、そして正面ゲートへ。勤務の始まる米軍関係者、日本の基地で働く人たちが基地の中に大勢入っていきます。それを横目で見ながら、体操をしながらのウォーキングです。背伸びをしたり、足を蹴り上げたり、体を前後に曲げたり、屈伸運動をしたり。いろんな運動をしながらのウォーキングを最初の時間は行います。
そのついでに、自社の社屋の点検をします。外灯を消し、周囲、内部に異常はないかを確認します。もちろんセコムには入っております。先だっては、鍵を開けて会社に入ったのはよかったのですが、カードを持参しなかったので、異常侵入となり、連絡等がうまくゆかずセコム1名、警察官4名が会社に来て、異常侵入としての対応となりました。理由を説明し、解放してもらいましたが、「十分注意をしてください」との指摘を受けました。キツイお叱りもいただきました。セコム、警察の方、ご迷惑をかけました。どちらも経験がありますが、セコムでの侵入異常とセットミスでの異常では対応が大分違います。
それはさておき、米軍関係者で同じようにウォーキングをしたり、ジョギングをしたりしている人たちとよく擦れ違います。彼らは、とても気さくであります。ウォーキングをして、擦れ違い際に「グッドモーニング」と声をかけると、彼らは、ニコニコしながら「ハブアナイスデイ」と声をかけてくれます。このような小さな国際親善もしています。
それと、ここだけの話ですが日本人と同じように基地関係者にマンション(複数部屋)を貸しておりますが、以前と違い今の米軍関係者に部屋を貸すほうが、日本人に貸すよりもトラブルが少ないです。それは何といっても米軍関係者は2年程度で入れ替わってしまいます。また、言葉が通じません。彼らは兵隊だから上官の命令は絶対です。またアメリカの軍人は、当然家賃は米軍持ち。米国持ちであります。日本の国の思いやり予算もあります。だから彼らは、あまり細かいことは言いません。また、入居しても軍事訓練をはじめ警戒行動があります。2~3ヵ月に1度くらいは訓練で出動となります。するとあと2か月くらいは日本に帰ってきません。しめて、1年で半年もいれば多いほうです。また、契約も日本人以上にはっきりしています。それは、賃貸契約の時に、米軍仕様の細かい契約書があるからです。それに合わせた契約です。基本的には、英文の賃貸契約書です。
ところが日本人の賃貸契約は言葉が通じるだけに、苦情は率直に言われます。遠慮がありません。家賃を支払っているから当然なのでしょうが、言わなきゃ損だというばかりに言ってきます。その話はまた後日にいたしましょう。
やがて基地の正面ゲートを過ぎ、16号線沿いにスピードをあげながらのウォーキングです。ダイエーを過ぎ、横須賀本港が見えてきます。スタートから約2Kmくらいです。港沿いをウォーキング。JR横須賀駅です。さあ、ここからが本番です。線路を超え、16号線をまたいで(実際は地下道をくぐり)、逸見側の山に登ります。ここが一番きついところです。階段が50~60段と登り坂を一気に駆け上がります。 
平地の時は、ウォーキングで進みます。階段、坂道は駆け上がります。すると駆け上がった道の上からJR線越しに横須賀本港、海上自衛隊、米海軍の艦船が見えます。空母ジョージワシントン入港時は迫力のある景色が見られます。それを横目に息を切らせながら旧浦賀道を進みます。アップダウンがきつくウォーキングにはもってこいのルートであります。そして、今度は階段を100~200段位駆け下りて、汐入に抜けてきます。汗も出て息も荒くなり体に負荷がかかり息は苦しくなります。それから、緑ヶ丘から上町へとアップダウンの道を進みます。周りを見渡すと、京急の中央駅越に、海や猿島が見えてきます。とても気持ちがよくなるロケーションです。反対側は、移動をしながら中央図書館、文化会館が見えてきます。そして京急横須賀中央に出てきます。汗もかき爽快な気分になれました。心地よい疲労と爽快感。そうして、途中の「タリーズ」でカフェラテをテイクアウト。飲みながら家に向かってウォーキング。
これが私の休日のウォーキングです。ストレス解消法です。とっても気持ちがよく、体もスカッとします。ぜひお試しください。
ホーム  >   卓話   >   <新会員卓話1>「 健康管理とウォーキング 」
ページの上に戻る